採用についてのお知らせ

【社員インタビュー公開!】「笑むために、自分の得意領域を作りたい」 鈴木大輝 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【社員インタビュー公開!】「笑むために、自分の得意領域を作りたい」 鈴木大輝 

こんにちは!スターティアラボグループ採用チームです。

MtameにはMikiというクレド(行動指針)があり、皆そのクレドに沿った行動を心がけています。また今期より、そのクレドに沿った行動の中で特に素晴らしかったものを表彰する「Miki表彰」が始まりました。

この記事では、そのMiki表彰で表彰されたメンバーに対してインタビューを行い、仕事において大切にしていることや価値観について、聞いていきたいと思います。

今回は11月度、「笑むために、仕事も遊びも妥協しない」部門のノミネートインタビューです。是非、エントリーの際の参考にしてください!

 

「笑むために、自分の得意領域を作りたい」 鈴木大輝 

ーー今日はよろしくお願いします。まずはじめに、今取り組んでいる業務内容を聞いてもいいですか?

私が行なっている業務は、BowNowを利用していただいているお客様のCS(カスタマーサクセス )です。しっかりと成果を出していただくための支援を行なっています。具体的には、BowNowを導入後の活用方法や、目標などをお客様1社1社にご提案させていただいています。

ーーカスタマーサクセスと言えばお客様と伴走していく組織ですよね!鈴木さんは今年1年目ですが、CSの部署を希望して入社されたんですか?

もともとは自身で企画を立てるような仕事をやりたいと考えていたので、BowNowだけではなく、ARの提案なども興味はありました。

でも実際はBowNowのCSでも、実際に自分で企画を考えて提案する機会が多いので、とても面白さを感じています。

ーー結果的にやりたいことができているみたいで良かったです。ちなみに、もともとMtame入社を決めたのはどういった理由からなんですか?

MtameがCOCOARやBowNow、それこそCMSなど多くの自社商材を扱っていたからです。

自分自身も企画とかして新しい製品を作っていきたいなと考えていたので、この会社に入ってどういう風に考えて作っていこうかとかを学びたかったのが主な理由です。

今はCMなんかも流れてますが、どういう風にプロモーションしていくのかは自社のことなんですが興味あったりします。
 

ーープロダクトづくりからプロモーションまで、幅広く学べる環境を選んだと。

本題ですけど、今回のノミネート理由が自身の案件について、自身の得意分野や興味関心の観点から提案をして、企画を立てていたことが主な理由だったかと思います。それって、ある意味好きを仕事しているみたいですごく良いなと思ったんですが、その辺りは無意識にやってることなんですか?

無意識なんですかね。でも好きだから結構のめり込んでやってしまったところもあると思います。今回のお客様がBtoCのECサイトで、企画を立てたりキャンペーンを考えたりするのが好きなので。

あと、学生時代にも近しい仕事をしていたので得意だったのもあります。そういった過去の経験も役に立っています。
 

ーー企画は当初やりたかったことですもんね。昔から興味がある事にはのめり込むタイプだったんですか?

そうですね。学生時代に実は小さなロケットを飛ばした事があって、その時も半年くらいはずっとロケットのことを考えてました。 


ーーロケット…??

はい。以前、テレビでたまたま、アメリカの民間企業がロケットを飛ばしたっていう記事を見て、民間企業にできるなら自分にもできるんじゃないかと思って、最初は自分で勉強していたんです。

その過程で、とあるロケット関連の企業を知り、そこでインターンができないかと直接社長に頼み込んだところ、研究をしつつインターンとして働かせてもらえる事になりました。

最終的には無事ロケットも飛ばす事ができました。宇宙まで飛ばすようなものではなく簡易的なものですけど、半年間没頭してとても楽しかったです。
 

ーー興味が湧いた瞬間の行動力が半端じゃない…!!でもそういった好奇心が仕事に活かせているんだなと、納得しました。

話を戻しますけど、BtoCのお客様への提案もそういった興味と絡めて提案して、CSとして成果を出せたら、ひとつの型として横展開できそうですね。BowNowはツールそのものとしては使えるところは限られるけど、提案次第でいろんな使い方はできるはずなので。

そうですね。だからこそ、もっと提案をもっと深くできるようにしたいなと思っています。

入社前に思い描いていたものと、良い意味でギャップがあったのは、提案して成果が出たときの面白さなんですけど、自分の力不足を実感する場面も未だに多く…そこは今後の課題です。

でもとにかく、この分野では一番ってのを早く作りたいので、まずは自分の得意分野であるBtoCの提案は突き詰めていきたいです。

ーー意気込みはバッチリですね!ちなみに将来こうなりたいとかって具体的にあったりするんですか?

プロダクトを作りたい欲はありますね。それを世に広められたらいいなと思っています。入社の動機もそこなので!

あとはBtoC向けの提案では誰にも負けたくない、スペシャリストになりたいと思っています。私自身が器用に卒なくこなせる人間ではないので、とにかくここだけは誰にも負けないものを作りたいんです。それが自分が好きなtoCだと思っているので、誰にも負けたくないです。
 

ーー仕事に対しての熱意がよく伝わってきます。ちなみに仕事が楽しいと思うときと、逆に大変だと思うときについてそれぞれ聞いてもいいですか?

個人的には、海外の成功モデルを調べて、それをお客様に当てはめて考えたり、提案をしたりするときが楽しいですね。もともとそういったことを考えるのが好きなので。

大変だと思うのは、提案に対してなかなかお客様に行動を起こしていただけなかったりする時です。これは私の伝え方の問題でもあるのですが、、結局行動を起こしてもらえないと成果も生み出せないので。

あとは、MAを入れてもらったものの、サイト流入もコンテンツも少ない、みたいなケースもなかなか大変です。

そういうケースではやることが山積みになるので、まずはこれをやってくださいとアクションを指定し、1つずつ着実にやってもらっています。

なので時間はかかるんですけど、そういうお客様だからこそ、ちゃんと成果が出たりするとすごく嬉しいんです。

ーーわかります。CSとしては、お客様の成果が出た瞬間が1番嬉しいものです。

お時間もそろそろなので、最後に何か意気込みなどありますか?

意気込み…そうですね、繰り返しになるんですけど、まずは誰にも負けない得意領域を1つ持ちたいです!そのために、まずは好きなことをどんどん仕事に活かしていきます!
 

ーー若いうちにそういった分野を作れたら強いですもんね!本日はいろいろとお話しいただきありがとうございました!
 





そんなMAツールのオンラインセールスの求人はこちらから
MA

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加